読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何ができるか、何をしてほしいか

ベンチャーの採用によくあることかもしれない。

 

「何ができますか」

面接ではよく聞かれる質問で、逆の立場ならば当然気になること。

 

しかし、スタートアップで提供できるものは”経験”しかなく、

「何をしてくれるのか」を求めている。

(そして”経験”自体はどこでも得られるものでもある。)

 

 必然的にできる、愕然とした距離にあるギャップ

そんな谷間をいかに越えていくか。

 

組織のビジョンか、人の優秀さか、サービスの伸びか、もしくはそれ以外。

いくらでも挙げられるし、そもそも正解なんてない。

 

ただ企業として何を前に出していくか、また何に共感してジョインしてほしいか。

その1つ1つの見えなくとも大きな決断が、止まり木となる文化の種なんだと思った。