読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チームの”最速”とは

各個人が強みに集中するできる場所に配置をしていくことは、戦略上大前提になるわけなんだけど、営業が企画をしてみるとか、ディレクターがコードを書いてみるとか、そのとき生まれなかった発想や突破力に繋がる可能性を秘めていると思う。

 

できないができるに変わることが成長だとしたら、少しずつでもできないことにコミットしていくことがあるべき。ただ、短期的にチームとして最速で走りたいなら、出来る人だけ集めて、できることや得意なこと(=強みが発揮できること)に集中してもらう方がよい。

 

現時点でできないことを行う限り、できることや得意なことをするより時間がかかるのは当然。中長期的には回収できても短期的には遅れてしまう可能性が高い。

それでもなお、人の成長を信じて業務を任せられるのは、短期的なKPIをミッションとして掲げる組織とはどこか矛盾をはらんでいる。

 

人材にもフォーカスできる視点をチームで持つためには人事の役割が必須だと思いつつ、事業への集中と組織のバランスがとても難しい時期に当たってる。